長崎県国民年金基金

長崎県国民年金基金からのお知らせです。
加入員の皆様へ

加入員の皆様へ


この度、掛金の増口が可能な加入員のみなさまへご案内をお送りしました。
長い老後に備えるため将来の年金額を増やし、さらに今年の所得税・住民税の負担を
軽減するため、この機会に増口をぜひご検討ください。

 

 

 

今回は 『QUOカード』を倍増してプレゼント!!

※増口される場合、別添の「増口申出書」を3月末までにご返送ください。

3月末までにご返送されたら・・・QUOカードを倍増してプレゼントします!!

 

 

 

増額の場合は7種類の型があり、将来設計に合わせた型と口数を選べます。

掛金上限の月額68,000円までのご希望に合わせたプランも試算できますので、

この機会 にぜひお気軽にご相談ください。

詳しくは【 095-828-3324まで 】

 

 

 

紹介キャンペーンも実施中です

 

新しく加入されるご友人・ご家族などの方をご紹介ください。

ご紹介いただいた方が当基金に加入された場合

ご紹介者に5千円ギフトカードをプレゼント!!

 

パソコン WEBでも検索できます パソコン

 

 

| 皆様へ | 16:20 | - | - | pookmark |
【締め切りました】普及推進員1名を募集

 

 

今回の募集は締め切りました。

 

 

 

****************************************************************************

 

 

応 募 要 領 (普及推進員)

平成29年2月1日

長崎県国民年金基金

 

(この募集要領はPDFでもご覧いただけます。PDFはこちら)

 

長崎県国民年金基金は、次により普及推進員1名を募集いたします。

 

1、基金の概要等

  当基金は、県内に住む国民年金第1号被保険者が、任意に国民年金にセットで加入し、老後生活の充実を図ることを目的として平成3年に設立された公法人です。

  職員は4名で、事業全体を全員で協力して実施しています。この度、制度の普及推進員の採用に当たり、選考の透明性を確保するため公募を行います。

 

2、募集対象者

  〇普及推進員 1名 

資格要件等を満たした応募者の中から候補者を選考し、当基金の定める規程等に

基づき採用することになります。

 

3、職務内容は、次のとおり

       (1) 加入促進及び適用業務に関する事項

    (加入促進及び資格の取得及び喪失に関する事務処理等)

       (2) 年金給付及び一時金たる給付に関する事項

   (年金の裁定、支払、改定に関する事項)

       (3) 掛金の徴収に関する事項

   (掛金の増口勧奨及び収納に関する事項)

       (4) その他 常務理事が指示する業務処理

 

4、応募の資格要件

     ・平成29年2月1日時点で、満55歳未満で心身ともに健康であること

・当基金の業務を遂行するに当たって意欲、識見、経験、責任感を有していること

     ・年金など基金業務に関して一定の基礎的な知識を有していること

     ・中立性・公平性を確保し、利害関係者との誤解を招くような接触を慎むことが

        できる人格で高い倫理観を有していること

 

5、勤務条件

         (1) 勤務形態  常 勤 (兼業禁止)

         (2) 任 期     任期は、平成30年3月31日まで。

                               ただし、平成31年3月31日まで更新する場合あり。

         (3) 勤務時間  就業規則による(9時〜17時30分)

         (4) 給与等      日額7,500円。別途、交通費支給(上限1万円)。

 成果に応じ賞与を支給する場合あり。

6、選考方法

          (1)候補者選考

  ・履歴書・面接等により選考のうえ、平成29年2月末までにその選考結果・

      内定結果を応募者に連絡します。

(2)採用期間・平成29年3月1日〜平成30年3月31日。

     ただし、平成31年3月31日まで更新する場合あり。

(3)その他

   ・審査の過程に関するご質問につきましては、一切お答えできません。

7、応募方法

(1)公募期間 

    平成29年2月1日(水)〜2月14日(火)必着

 

      (2)応募書類(日本語で作成して下さい)

  ア、履歴書・・・次の事項を詳細に記入下さい。

    ・学歴、職歴、資格、年金に関する経歴、志望の動機等 

          イ、自己アピール・・「別紙」又は前記「志望の動機欄」に次の事項を記入下さい。

       ・ご自身の知識、能力、経験、実績等を踏まえ、応募した動機理由

    ・応募した職務に関連した提言、抱負等  

 

8、応募書類の送付先

  〒850−0031

  長崎市桜町4-1 長崎商工会館1階 長崎県国民年金基金

 

9、応募に関する問い合せ

  長崎県国民年金基金

  電話:095−828−3324

  担当者: 葉山・荒木

 

 10、その他

  ・応募書類の返却はいたしません。

  ・応募に係る費用は、全額応募者負担とします。

  ・事実と相違する資格要件での応募があった場合、採用の取消しにより、その資格を

  失うこととなります。

  ・ご提出いただいた応募書類に記載されている個人情報は、本公募のみに使用し

  他の目的に使用することはありません。

| 皆様へ | 15:36 | - | - | pookmark |
平成29 年1 月から海外在住の方も加入できます

1、国民年金基金とは?

  • 自営業者やフリーランスなど国民年金加入の方が、国民年金にセットで加入し、 老後に基礎年金に上乗せして年金を受取る公的な個人年金です。

2、その特徴は?

受取る年金は

  • 基本は終身年金。年金額は変動しません。
  • 万一の時はご遺族に一時金が支払われます。
    (遺族保証なしのB 型もあります)

掛 金 は

  • 掛金を一時停止(お休み)したり、2口目を減口・増口したりできます。
  • 掛金額は、加入時から満了(喪失)時まで変動しません。

(※日本で納税する場合は、掛金全額が所得控除などの税の優遇措置もあります)

3、加入できる人は?

  • 国民年金第1号被保険者(国内の20 歳〜60 歳未満。以下(※)を除く)
  • 国民年金任意加入者で「60 歳〜65 歳未満の方」や「海外在住の方」
    (※)ただし、次の期間は加入できません。
  • 厚生年金加入や被扶養配偶者の期間(国民年金第2号・3号被保険者の期間)
  • 国民年金保険料の免除等の期間(一部免除・学生納付特例・猶予期間を含む)
  • 県外へ転居し住民票を移した期間(転居先の基金で継続加入ができます)
  • 60 歳〜65 歳未満の方で国民年金に任意加入していない期間
  • 農業者年金の加入期間 など

4、海外在住の方の加入手続きは?

  • 国内協力者(配偶者、子、父母、兄弟姉妹など)をご指定いただき、本人に代わって お手続きください。(協力者がいない場合など、詳しくは下記までご相談ください)
  • 掛金の支払は、基金が指定する国内の指定金融機関の口座振替のみの支払いと なります。(国民年金保険料と合算しての支払いはできません)

 

 

| 皆様へ | 09:00 | - | - | pookmark |
DM配布のご案内

 


 

 国民年金基金は、税金優遇を受けながら国民年金に上乗せして掛金を積立て、厚生年金並みの年金を受けられる公的な年金です。この度、下記の皆様にご案内状をお送りしますので、この機会にぜひ加入をご検討ください。

 


 

○発送予定日
12月D.M.:平成28年12月9日(金)
 1月D.M.:平成29年1月13日(金)
〇発送件数
約14,500件
○対象者
県内在住の国民年金加入の主に20歳代・30歳代の方
(国民年金保険料の免除や猶予中の方・農業者年金加入中の方などを除く)

   

加入できる方は・・・国民年金の第1号被保険者で

  • 20歳〜59歳で国民年金に加入している方
    (国民年金の免除や猶予中の方・農業者年金加入中の方を除く)
  • 国民年金任意加入の60歳〜64歳の方
    (平成29年1月からは、海外在住の任意加入者も対象となる予定)

そのメリットは・・・掛金は所得から控除され税金が大変お得です

  • 掛金全額が「社会保険料控除」の対象。所得税・住民税ともに安くなります。
  • 受取る年金は「公的年金等控除」の対象で、遺族一時金は非課税。
  • 相続税の税金対策で、贈与契約を利用して贈与税が掛らない範囲で(110万円まで)ご家族の老後生活を守ることもできます。

主な特徴は・・・加入の皆様から次のご安心をいただいています

  • 終身年金が基本で、万一の時はご遺族に一時金が支払われます。
    (確定型の年金や遺族保証なしの型も選べます) 
  • 掛金は加入時の年齢で一定額。受取る年金も終身変動しません。
  • 掛金は、一時お休みや2口目以降の掛金の減口や増口ができます。

  • 税金のおトク例(課税所得金額が 約340万円で、下記の例の場合)
    国民年金基金の掛金が約30万円/年の場合 ⇒ 掛金は実質約21万円/年となります。 所得税・住民税の合計で年間約9万円の軽減となります。
  • 掛金と年金の受取り例(若いときの加入ほど、掛金が低くなります)
    35歳の男性が誕生月に1口目としてA型十2口目A型2口加入の場合 、全て月額で、25,420円を60歳までお支払いいただき、65歳から40,000円を受取ることができます。(満額の国民年金65,000円十40,000円=105,000円の受取りとなります)

掛金額(月額)

【1口目:A型】 【2口目以降:A型2口】【40歳〜60歳までの掛金月額】

12,710円 十 (6,355円×2口) =  25,420円

 

年金額(月額)

【1口目:A型】 【2口目以降:A型2口】【65歳〜終身お受取り月額

20,000円 十 (10,000円×2口) =  40,000円


| 皆様へ | 09:00 | - | - | pookmark |
加入のご案内(老後生活に安心を)

  


国民年金基金は、国民年金に上乗せして税金優遇を受けながら掛金を積立て、厚生年金並みの年金を受けられる公的な年金です。このたび、下記の皆様にご案内状をお送りしますので、この機会にぜひ加入をご検討ください。

 

 

 

 

○発送予定日
平成28年9月23日(金)
〇発送件数
約17,000件
○対象者
県内の国民年金加入の40歳代・50歳代の方
(国民年金保険料の未納者・免除者・猶予者及び農業者年金加入者を除く)

   

加入できる方は・・・国民年金の第1号被保険者

  • 20歳〜59歳で国民年金に加入している方
    (国民年金保険料の未納者・免除者・猶予者及び農業者年金加入者を除く)
  • 60歳〜64歳の国民年金任意加入の方

そのメリットは・・・一般の個人年金と違い税金がおトクになります

  • 掛金全額が所得から控除され、所得税・住民税ともに安くなります。
  • 受取る年金は「公的年金等控除」の対象で、遺族一時金は非課税です。
  • 相続税の税金対策で、贈与契約を利用して贈与税が掛らない範囲で(110万円まで)ご家族の老後生活を守ることもできます。

主な特徴は・・・加入の皆様から次も喜ばれています

  • 終身年金が基本で、万一の時はきちんとご遺族に一時金が支払われます。
    (確定型の年金や遺族保証なしの型も選べます)
  • 掛金は加入時の年齢で一定額。受取る年金も終身変動しません。
  • 掛金は、一時お休みや2口目以降の掛金の減口や増口ができます。
| 皆様へ | 09:09 | - | - | pookmark |
事業状況の更新のお知らせ
平成27年度末集計の長崎県国民年金基金の事業状況を公開いたしました。
こちらからご覧いただけます。

事業状況をみる
| - | 10:04 | - | - | pookmark |
ご加入のお勧め

  


国民年金基金は、自営業者やそのご家族・フリーランスの方などが、税金の優遇を受けながら国民年金に上乗せして掛金を積立て、サラリーマン並みの年金を受けられる公的な年金です。

この度、下記のとおりご加入のお勧めをお送りいたします。 この機会にぜひご加入いただき、老後を安心してお過ごしください。
 


 

○発送予定日
平成28年6月24日(金)
〇発送件数
約7,000件
○対象者
県内にお住いの国民年金加入の50歳代・60歳代の方
(但し、国民年金保険料の未納者・免除者及び農業者年金加入の方を除く)

   

加入できる方は

  • 20歳〜59歳の国民年金に(第1号)加入の方(保険料免除者を除く)
  • 60歳〜64歳の国民年金任意加入の方

そのメリットは

  • 掛金全額扶養家族の分もが所得から控除され所得税・住民税ともに軽減されます。
  • 受取る年金も「公的年金等控除」の対象で、遺族一時金は非課税です。
  • 相続税の基礎控除額の引下げに備え、贈与契約を利用して贈与税が掛らない
    範囲で
    (110万円まで)扶養しているお子様などの老後生活を守ることもできます。

主な特徴は

  • 終身年金が基本で、万一の時はご遺族に一時金が支払われます。
    (確定型の年金や遺族保証なしの型も選べます) 
  • 掛金は加入年齢時の掛金で一定額。受取る年金も終身変動しません
  • 掛金は、一時お休みや2口目以降の掛金の減口や増口ができます。

 

詳しくは下記へお電話を

 

 
| 皆様へ | 17:47 | - | - | pookmark |
【重要】熊本地震…収入が減少した場合の対応策について
平成28年5月
長崎県国民年金基金
TEL:095-828-3324
加 入 員 様

この度の熊本地震で被災された皆様には、心からお見舞い申し上げ、一日も早い復興をお祈り申し上げます。
一方、被災されていない加入員の皆様におかれましても、将来、状況の変化で収入が減少されることも考えられます。
そこで、加入員の皆様の収入が減少した場合の対策について次のとおりまとめましたので、特に4番の国民年金保険料の免除申請などは長期的な視点で慎重にご判断いただきますようご案内申し上げます。

 
       ≪ 国民年金と国民年金基金の対応例≫
            (推奨順位は項番順のとおりです) 
 
項番 収入減少の程度 国民年金(本体) 国民年金基金 年金への影響や今後の対応
1 あまり変わらないとき 今までどおり掛ける 今までどおり掛ける 予定の年金額を受取れる
2 少し減少したとき 今までどおり掛ける 2口目を減口する 基金の年金が少なくならないように、後で増口(※1)ができる
3 大きく減少したとき 今までどおり掛ける 掛金の一時停止をする
又は、納付猶予を申請する(※4- 
基金の年金が少なくならないように、後で引落とし再開(※2)増口ができる
4 国民年金本体も当分、掛けることができない 保険料免除の承認をうける
(※3-◆
免除承認されると、基金は加入できなくなり資格を喪失する (※3-  国民年金も当基金も年金が少なくなり、基金の再加入時に掛金額が上がる(※4⁻◆

(※1)増口するときは、増口時年齢の掛金額となります。
(※2)再開のときの掛金は、一時停止時の掛金額のままです。
(※3)国民年金保険料を免除された場合、基金は喪失して掛けられなくなり、再加入のときに掛金額が上がります。一方、国民年金保険料の免除申請をせず未納した場合については、過去2年以内であれば従来の保険料額で納められます。また、過去2年を超える未納分は、年金事務所に申請をして、平成30年9月までの間に限り過去5年以内の未納分を納めることもできますが、その時点の保険料に少し加算額がつきます。なお、国民年金の未納分は、60歳以降に任意加入して埋合せできますが、障害基礎年金や遺族基礎年金が支給されない場合もありますのでご注意下さい。
(上記´△里い困譴両豺腓盂様の状況により長期的な視点で判断することが必要となります)
(※4):今回の特例=ヽ欟眦の納付猶予:基金加入員が災害によりその財産(住宅、家財、その他の財産)につき相当な損失を受けたときは、災害が発生した平成28年4月14日以降に納期限が到来する基金掛金等について、申請に基づき納付を1年以内に限り猶予することができます。  また、
∈堂弾時の特例:熊本地震で被災した基金加入員の方で、財産に損害を受けられたことにより年金事務所から国民年金保険料免除が承認された方の場合、一般の場合と同様に基金の加入資格がなくなります。その後、一定期間内において再加入を希望される方は、被災時の掛金で再加入ができることとされました。(今回の特例は、上記の「保険料免除」等が終了した月の翌月1日から1年以内に再加入した場合に限ります)。
なお、長崎県の加入員などで被災されてない場合は、特例に該当せず再加入のときに掛金額が上がりますのでご注意ください。
〇被災者が、避難・転勤等で長崎県に在住しているとき、上記´△瞭知磴乏催する場合があります。(この場合は当基金にご連絡下さい)

●届書の用紙は、国民年金基金連合会H.P.  > 現在ご加入の方へ > 各種届出 で検索して出力ください。
●基金掛金の「一時停止」・「引落し再開」などを希望される場合は、当基金までご連絡ください。
| 皆様へ | 15:59 | - | - | pookmark |
当基金記録と国民年金記録が相違する加入員の皆様へ
当基金記録と国民年金記録が相違する
加入員の皆様へ
平成28年2月
長崎県国民年金基金
 
当基金では、加入員の将来の確実な年金支払いのため、国民年金(本体)記録と基金記録との突合せを例年2回(7月・2月)行っております。
この度、当基金の年金支払に影響のある下記の皆様方に、「ご照会確認」などの文書お届けしますので、再度、ご確認いただき必要な手続きをお願いいたします。
 
 
  1. 送付時期:平成28年2月下旬から3月上旬 に順次送付。
  2. 対象者の方:
    々駝映金保険料に未納の期間のある方  資格記録などが不整合の方
    掛金の還付金が発生した方  などです。
     
    特に、,旅駝映金保険料に未納期間のある方は、
    早めの納付をお願いします。
| 加入中の方へ | 09:05 | - | - | pookmark |
特定個人情報等(マイナンバー等)の取扱いについて
平成28年1月20日
長崎県国民年金基金

特定個人情報等(マイナンバー等)の取扱いについて

  行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(平成25 年法律第27 号。以下「番号法」という。)の施行に伴い、特定個人情報等の取扱いについて以下のとおりといたします。
 
.特定個人情報等の適正な取扱いに関する基本方針
長崎県国民年金基金は、業務を通じて取り扱う加入者、受給者等の個人番号及び特定個人情報(以下「特定個人情報等」という。)並びに当国民年金基金の職員その他従業者の特定個人情報等の適正な取扱いの確保について当国民年金基金として取り組むために本基本方針を定めます。
 
1.特定個人情報等の適正な取扱い
当国民年金基金は、特定個人情報取扱規程を策定し、特定個人情報等を適切に取り扱います。
 
2.関係法令・ガイドライン等の遵守
当国民年金基金は、個人情報及び特定個人情報に関する法令、個人情報保護委員会が策定するガイドラインその他の規範を遵守し、特定個人情報等を適正に取り扱います。

3.安全管理措置に関する事項
当国民年金基金は、特定個人情報等の安全管理措置に関して、特定個人情報の漏えい、滅失又は毀損の防止その他の特定個人情報の適切な管理のために必要な措置を講じます。
 
4.特定個人情報等に関する問合せ窓口
当国民年金基金は、特定個人情報等の取扱いに関する問合せ等に適切に対応いたします。
特定個人情報等の取扱いに関するご質問やご相談に関しては、下記の窓口宛にご連絡ください。
 
 



.特定個人情報等の利用目的
 
当国民年金基金は、年金の支払いに伴い、年金の支払いを行った者の住所所在の税務署長、市町村の長に提出が必要な調書の作成に係る事務のために特定個人情報等を利用します。
 
.個人番号取得事務の委託
 
当国民年金基金は、特定個人情報等を取得する事務について、国民年金基金連合会に委託します。(国民年金基金連合会においては、番号法第14条第2項に基づき、兇陵用目的に限り、地方公共団体情報システム機構に対し機構保存本人確認情報(氏名、生年月日、性別、住所、個人番号等)の提供を求めることができます。)



 
| 皆様へ | 17:57 | - | - | pookmark |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
+ 最近の記事
+ カテゴリー
+ アーカイブ
+ リンク集
+ プロフィール
+ その他
このページの先頭へ